インフルエンザとロキソニン

高解熱作用で市販薬でも販売しているロキソニンですが、インフルエンザで使用されている人がもしかしたらいるかもしれません。しかしインフルエンザ時にロキソニンを使用で重大な病気の発症につながる場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

アジア風邪などに見られるインフルエンザ流行の仕組み

新型のインフルエンザは、鳥を介して感染するものが多く、危険性の高いウイルスへと変化する可能性が高いものである為、厳戒な注意が必要とされます。歴史的なアジア風邪の流行では、アジア諸国を中心に世界的な感染となり、百万人以上が死亡したという報告も見受けられます。そのため、鳥を介したインフルエンザの情報は、集団感染を防ぐ為にも大変重要なものであり、公的な機関からも絶えず注視されている情報です。
インフルエンザは次々と新型が流行する事も特徴で、その感染スピードが非常に速い事も知られています。そのため、世界中に急速に広がる可能性が高い感染症であり、多くの死者を出してしまう危険性が高いことが示唆されています。
インフルエンザのワクチンの製造の仕組みは、過去に大流行した複数のウイルスが基本となりつくられます。これらのウイルスに対して抵抗力をつけることで、パンデミックを防ぐ事が目的です。
しかし、インフルエンザの流行は毎年変化するものであり、そのほかにもウイルスが絶えず突然変異を繰り返し、従来のワクチンが上手く効かなくなる事もある為、絶えず新たなワクチンの開発が必要になっているのが現状です。
新型のインフルエンザウイルスの多くは、渡り鳥などの野鳥から生まれ、家畜などの飼育動物に感染し、人体に影響を及ぼすという仕組みも想定でき、インフルエンザウイルスの感染を食い止める為にも、この一連の仕組みを把握しておかなければなりません。
過去のアジア風邪などの大流行は、鳥が媒介して起こった可能性も高く、インフルエンザのウイルスが多用な変異のプロセスを経過する事で、人間へ感染する力を持った可能性が高い為、これらの感染経路を把握した上での対策が必要です。