インフルエンザとロキソニン

高解熱作用で市販薬でも販売しているロキソニンですが、インフルエンザで使用されている人がもしかしたらいるかもしれません。しかしインフルエンザ時にロキソニンを使用で重大な病気の発症につながる場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

インフルエンザ流行の原因と潜伏期間と耐性ウイルス

インフルエンザは毎年11月~4月に流行する流行性疾患で、短い期間で多くの人に感染が広がる病気です。普通の風邪と違い、38℃以上の発熱や頭痛、関節痛や筋肉痛など全身の症状が現れるという特徴があります。日本ではA型とB型のインフルエンザウイルスが主な流行の原因となり、近年は鳥類のインフルエンザウイルスが人間に感染する、新型インフルエンザが大きな流行を見せました。
インフルエンザが大きな流行を引き起こす原因は、ウイルスが増殖する速さと潜伏期間にあります。体内に侵入したウイルスは気道や肺に付着し、20分ほどで細胞内に到達します。侵入した1つのウイルスは8時間後には100個に増え、16時間後には1万個になり、24時間後には100万個にまで増殖します。また、ウイルスが体内に侵入してすぐに症状が出るのではなく、一定の潜伏期間があることも流行を引き起こします。一般的に感染から発症までの潜伏期間は数日から1週間ほどで、その間は自覚症状がなく普段通りの生活をおくることができます。しかし、発症後ほど高くはないものの潜伏期間中も感染力は十分備わっており、くしゃみや咳などで他人に感染させてしまいます。感染拡大を防ぐためにも、感染の疑いがある場合は病院で診てもらうようにしましょう。
最近は注目されているのが薬剤に耐性を持つウイルスで、有効であるはずの薬が効かなかったり、効きにくいという特徴を持っています。こうした薬剤耐性ウイルスは、インフルエンザウイルスが増殖する過程で遺伝子に変化が起こることで生じると考えられています。ただし、薬剤に耐性があるというだけで、従来のインフルエンザウイルスに比べて感染力や病原性が強くなるわけではありませんし、ワクチンの効果に影響を及ぼすわけでもありません。そのため、手洗いやうがいなど基本的な予防法や、予防接種などで感染を防ぐことができます。