インフルエンザとロキソニン

高解熱作用で市販薬でも販売しているロキソニンですが、インフルエンザで使用されている人がもしかしたらいるかもしれません。しかしインフルエンザ時にロキソニンを使用で重大な病気の発症につながる場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

食欲がなくなるインフルエンザと外気清浄機の効果

インフルエンザにかかると食欲不振になることがあります。しかし、栄養を摂らないと体力が低下するので免疫能力も落ちてしまいます。インフルエンザから早く回復するには少量ずつでも栄養を摂ることが大切です。インフルエンザによる高熱によって脱水症状が起こりやすくなりますので、白湯やお茶、ジュース、ホットミルクなどで水分補給を行ないましょう。食欲がないときは消化の良い温かい料理の方が胃腸機能が弱った状態には最適です。胃腸機能が弱まっている間は脂肪分を多く含む料理や香辛料などを使った刺激の強い料理は避けましょう。食欲がないときに無理に食べるとかえって消化不良を起こしてしまいますので、無理は禁物です。ただし、下痢や嘔吐があるときは脱水症状を避けるため、こまめに水分を補給することが大事です。口当たりの良い果物やスポーツドリンクなども食欲がない間は適しています。インフルエンザウイルスは乾燥する時期に増殖しますので、乾燥した喉の粘膜などで感染します。対策としては閉め切った部屋の換気をすることでウイルスの不活性化につながります。そのため、外気清浄機や加湿器を部屋で使用しているとインフルエンザにかかるリスクを抑えることができます。部屋の空気は人の動きや呼吸、外気の侵入などによって汚れていきます。外気清浄機などを使って、空気を入れ替える作業を行なっていると空気をキレイに保つことができます。外気清浄機はインフルエンザウイルスだけでなく、黄砂や排気ガス、花粉などの物質も清浄にして家全体に運んでくれます。汚れた空気が家の中に入り込みにくい作用があるため、インフルエンザウイルスを室内にできるだけ取り込みたくない場合に有効です。