インフルエンザとロキソニン

インフルエンザとロキソニン

高解熱作用で市販薬でも販売しているロキソニンですが、インフルエンザで使用されている人がもしかしたらいるかもしれません。しかしインフルエンザ時にロキソニンを使用で重大な病気の発症につながる場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

インフルエンザとライ症候群について

インフルエンザのウイルスに感染すると、まずは1日、2日程度の潜伏期間を置いて、突然に38度以上という高い発熱でダウンしてしまうようになります。
特に、こどもがインフルエンザにかかってしまったときなどは深刻で、40度に近いような熱を出してしまうことすらあります。
こうした場合、一般家庭ではドラッグストアなどで売っている解熱剤を飲ませて、とりあえず熱をさまそうとするでしょうが、実はこの解熱剤が、ライ症候群とよばれる病気と関連している可能性が高いということが、医療現場ではよく知られたものとなっています。
ライ症候群というのは、解熱剤の一種であるアセチルサリチル酸を用いたこどもに多発しているもので、インフルエンザや水ぼうそうの高熱が下がったことろ、突然意識がもうろうとしてけいれんなどを繰り返し、肝臓機能の障害や脳機能の障害がみられ、やがて死亡するケースもあるという病気のことを指しています。
これは名前のとおり、オーストラリア人の研究者であったライが発見したもので、アメリカではインフルエンザの際にこどもへのアセチルサリチル酸の使用をやめたところ、劇的にこの病気にかかる割合が少なくなったといいます。
わが国においても、インフルエンザのこどもにアセチルサリチル酸を投与するのは控えるべきものとされており、そのかわりとして、解熱作用をもつアセトアミノフェンを投与することなどが推奨されています。
市販薬の解熱剤では、どのような成分が含まれているのかを一般家庭の人が確認することは少なく、もっぱら解熱作用があるかどうかという点にだけ目がいきがちですので、誤って飲ませてしまうと、ライ症候群のような重大な病気を併発させてしまう可能性があるのです。

インフルエンザ流行マップ

インフルエンザ流行マップという便利なものがあります。これを利用することで、都道府県ごとのインフルエンザの流行状況を知ることが出来るのです。なのでもしもマップを確認して自分が住んでいる都道府県で流行しているということを知ることが出来たならば、とにかくその日からは気を付けて日常生活を送るようにすれば良いのです。つまり普段よりも力を入れて手洗いうがい等をしたり、栄養のある食事を摂ったり免疫力を上げていくようにすれば良いのです。
それからインフルエンザ流行マップを確認して非常に流行している都道府県を見つけた場合、その都道府県にはなるべく近寄らないようにすれば良いのです。そうすればわざわざ病気が流行している地域にいって、病気を拾ってきてしまうということを防ぐことが出来ます。もちろん出張のある仕事をしている人が出張として流行地域に行く場合は行くのを避けることは難しいものですが、その場合でも警戒してその都道府県で過ごすということは出来るのです。なのでやはりインフルエンザ流行マップというのは有効的なのです。
それから旅行しようと思っていた都道府県がインフルエンザ流行マップを確認したところインフルエンザが流行している状況にあるということが分かった場合は、旅行を中止するようにすれば良いのです。出張と違って旅行というのは義務で行くわけでも何でもなく、ただ単にプライベートで楽しむ為に行くものですので、何もインフルエンザが今まさに流行している時期に流行している地域に行く必要などないのです。どうしてもその都道府県に旅行がしたいのならば、インフルエンザの流行時期が過ぎ去ってから行っても全く遅くはないのです。健康よりも大切なものなどないのです。

子供がかかりやすいインフルエンザ

一般的に子供はインフルエンザ等の感染症にかかりやすいと言われています。そして子供がインフルエンザ等の感染症にかかってしまった場合、非常に多くの人を巻き込んでしまうことになり厄介です。何故なら子供がインフルエンザにかかってしまった場合、完璧に治るまでの約1週間の間は、親のうちのどちらかがつきっきりで子供の看病をしなければなりません。仕事をしている親であれば当然仕事を休まねばならなくなります。そして仕事を長期間休むことで、職場の皆にも迷惑がかかってしまうのです。更にもしも祖父母等に看病をお願いして親は仕事に行くという場合、祖父母にかなり体力を使わせてしまい、場合によっては祖父母にインフルエンザを移してしまうことだってあるのです。
このように子供が一人でもインフルエンザになってしまった場合、大人が感染した場合と比べて、非常に厄介で大変な事態となってしまうのです。そうなってしまわない為にも、毎年インフルエンザの予防接種を積極的に受けるようにして、子供がかかってしまうリスクを少しでも減らしていくことが大切なのです。インフルエンザの予防接種は、乳幼児であったとしてもある程度の月齢であれば受けることが出来ます。子供は注射を嫌がって激しく泣くものですが、心を鬼にして毎年予防接種を受けさせるようにしなければいけません。何故なら感染してしまった場合、注射を打つ場合よりももっと辛い思いを子供がすることになってしまうからです。注射の痛みというのは一瞬の我慢で済みますが、インフルエンザにかかってしまったならば、少なくとも1週間は苦しまなくてはいけなくなってしまいます。なのでしっかりと子供に予防接種を受けさせるようにしましょう。
■インフルエンザ治療薬一覧
インフルエンザ治療に関する口コミ
リレンザを通販で安く購入